〜彩〜

◇Iam Chameleon Girl◇
   


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2014.09.20 Saturday | - | - |


クスリ。
もう、ぶっちゃけよーーーぅっ!

って思ってぶっちゃけてしまった。

そしたらスッキリした。自分と相手を客観視出来た。

見返してやりたいという強い想い。は、ムカつくからとかそんな理由じゃなくて、スキだからこそ気になるからこそ。

結局私は認めて欲しいのだ。ということになる。

もう君の口車なんかには乗らない!

そう決意する。



こういうのって自分だけの力じゃやっぱ駄目だねー。ぶっちゃけて本当に良かったと思う。

イイクスリ。
| 2007.10.18 Thursday | 悟。 | comments(2) |


ありのままの自分
嘘で固めた鎧を身につけてみても。結局嘘だからばれちゃうんだよね。

あんまり無理して自分を大きくみせないことだなぁー。と思う。

けど、見栄はっちゃうんだよねー。いつの間にか。

裸になった自分の小ささを再確認し、余計に惨めになったりして。

あぁー。もっと深ぁ〜い深ぁ〜い中身のある人間になりたい。

そしてソレを表現できる人間になりたい。
| 2007.10.13 Saturday | 悟。 | comments(0) |


知ったかぶり。
私の最近発見した欠点。

知ったかぶり。

知らないことを恥ずかしいと思い知ったかぶりしてみても、結局余計に恥ずかしい想いをしてしまうんですよね。

ばーか。

知ったかぶり、やめます。多分。笑
| 2007.09.25 Tuesday | 悟。 | comments(2) |


Oh!Dylan!!
ほら、ディランも言ってるじゃないか。


君の立場になれば君が正しい
僕の立場になれば僕が正しい


How many roads must a man walk down
Before you call me a man?

The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind


How does it feel

Like a compleate unknown
Like a rolling stone?


なんか泣きそうになります。

無常のこの世の中に、絶対的なものなんかない。確固たるものなんてない。


本当に私たちは

哀しい程にちっぽけなことで互いにシガラミを作り、

痛々しい程に見栄を張り続け、

そんな中から自分の存在価値を見出し主張するのに必死である。


ふっと力を抜けば、気づけるはずなのにね。

何かと力みすぎなんだね。常に。常に。
| 2007.08.10 Friday | 悟。 | comments(2) |


カテゴリー
思いのままに。

好奇心のままに。

作ってみたはいいが、作りすぎちゃった感がありますわん。

今更消すのも面倒くさいけど。

てか、私の書く日記なんてずぇーんぶ、戯言じゃねぇかっ!
| 2007.08.07 Tuesday | 悟。 | comments(2) |


pool of imagination
気の遠くなるようなメロディーの渦の中、体を落とした想い(=魂?)がじわじわと溶け込んでしまいたくなるようなエクスタシーが、そのイマジネーションの先に在る。


最近思う。言葉にならない想いをどうにかこうにかカタチにしていくことこそ、それが私の呼吸の一部になっているのではないか?


もしかしたら、心の中に在る隙間こそ何かを生み出す親となるものなのかもしれない。


そう考えると、無理に誰かと何かを共有して心の飽和を求めることって、なんだか愚かだなぁって思ってしまう。結局またやってしまうんだろうけど。その行動自体を無駄だとは思わないけど、でもそんな状態、きっと成りえる筈もないのだ。

寧ろそのまま空きの状態を保っていたほうが五感は冴えるのかもしれない。
| 2007.06.03 Sunday | 悟。 | comments(0) |


女性ホルモンと戦うの巻。(BGMはロッキーで)
現実逃避したい時は、現実と掛け離れた物語を読めばいいということを今日悟る。

ちゅーことで、乙女ちっく且つ想像力ばかりを蓄えた暗めの女子(中学生くらいの)が好きそうなファンタジックな小説読んでます。

いや〜おもしろひ。十二国記には劣るけど。


ピンキーなネコちゃん曰く、イライラライライの原因は『エストロゲン』と『プロゲステロン』という女性ホルモンの分泌によるものらしいです。

鎮まるが良いのに。ホルモンなんて。

おかげで今日もなんだか、手足をジタバタさせて、いーーーーーーーーーっ!!!ってしたい衝動に狩られてました。が、乙女ちっく且つ想像力ばかりを蓄えた暗めの女子(中学生くらいの)が好きそうなファンタジックな小説により乗り越えました。

ザマミロ、ホルモン。
| 2007.05.07 Monday | 悟。 | comments(2) |


私はもしかしたら、気づかぬウチにまた大切な人を傷つけたのかもしれないと思いました。

人の自分に対しての攻撃に関しては物凄く敏感なのに、自分の行動に関して言えば本当に『無意識』という全くタチの悪い人間なのかもしれません。

時に、自分は本当に矛盾していると思うことがよくありますが、正直人間はいろんな視点を持っているのだから、違う視点で見たものが変わって見えてくるなんて当たり前だと心のどこかで思っていたような気もします。

開き直りというか。

まぁ、でも。

こうして自分の想うことを綴るということがあくまで自分だけの考えとは言え、こうして公開して人が読むのだからもう少し責任を持たなくてはいけないですね。



と、ココまで書いてみましたが、やはりコレも綺麗ごとです。無意識と言ったけど、ソレも嘘。自分を守るための口実でしかなく。私は心のどこかでは誰かが傷つくことを知っていたのに、あろうことか自分の欲望のままにそれを実行した。ハイ、クソ女です。

正直自分でやっておいてどうしたらいいのか分からない。といういつものパターン。事がオオゴトになってから自分の犯したことの重大さに気づくという。ね。←コレは本当。

でも罪悪感も本当のこと言うとあんま感じてないんだよねー笑 もう、私オワってるかも!笑 

私なんて本当にクズ!!! 
| 2007.05.01 Tuesday | 悟。 | comments(0) |


BUT
昨日面接で一緒になったオトコノコは、面接が終わって一緒に帰ってる途中話している中で、私がイイナと思っていたことを全否定しました。

でも、なんだか心地よかったのです。

多分。

そのオトコノコが言っていたことが結構納得出来たからだという理由だけでなく。

そのオトコノコが大阪で会ったのに実は大分県中津出身だということで親近感を持ってしまったからだという理由だけでなく。

そのオトコノコがキンモクセイのヴォーカルに似ていて、なんだか幸薄そうな顔で、ヒョロイ体をしていて、でもそれが結構私の好きなタイプであったからだという理由だけではなく。

私が、そののことをイイと思ってるということをちゃんと言ったら、そこで否定するような人じゃない、コノ人はもっと紳士だという確信を何故か(直感でしかないけど)持てたからだと思う。(そんなこと言ったら、私はキンモクセイのファンで、キンモクセイのヴォーカルがスキで、その上このオトコノコにフォーリンラブ♪してしまったみたいに聞こえるけど、私はキンモクセイの歌なんか1曲も知らないし、キンモクセイのヴォーカルもなんだか惜しいと思ってるし、ましてこのオトコノコに対して恋心も抱いていません。)

ていうか。数々の失礼極まりない発言をお許しください。笑←笑って済まされないか?

なんにしても、やっぱ私ってば矛盾してるなーということですね。

一歩ズレれば先日の件に引き続き、それはことさらに不快感を煽るものになりかねなかった筈なのに、その時はいろんな要因が重なり、右から左へ受け流さなくとも私は平静を保っていられた。

まぁ要は、私と言う人間は、まじで自分勝手な人間ということですね。ぷぷぷ。
| 2007.04.27 Friday | 悟。 | comments(2) |


砂漠に水を撒くような・・・
なんだか激しい虚無感に襲われてます。

ナゼ?

やることいっぱい過ぎて、自分でも分からないうちに心が面食らっているのか。

ハードスケジュールっていうの本当に私は苦手だ。笑

そしてそれは大阪で。明日からで。

まだ別府いるんだけど、もう別府に帰りたい気持ちでいいっぱい。

こんなにも私は別府に属しているのだなぁ。
| 2007.04.16 Monday | 悟。 | comments(0) |